公益財団法人日本体操協会 アクロ体操委員会 [JGA Acrobatic Gymnastics Committee]

お知らせ [News]

他の記事
[ 2020年, 2019年, 2018年, 2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年, 2011年 ]

親善練習会 (2013.12.23)

集合写真

ミハタスポーツ センターにて、スイスから先生に来日頂いての練習会です。

主な参加メンバー:
スイス アクロ体操協会会長と奥さま、息子さん
スイス ジュニア女子ペアー イエジ(ベース) 2013年金メダル ※姉妹 お姉さん
スイス ジュニア女子ペアー ユース(ベース) 2013年金メダル ※姉妹 妹さん
相模体操館、POWERBOMB

第24回 全日本スポーツアクロ体操選手権大会 成績

集合写真
【写真提供:オールスポーツコミュニティ】

ジュニアの部: 女子ペア

順位 得点 氏名 所属
優勝 14.50 塩谷 萌華 柚原 未来 POWERBOMB
第2位 14.30 佐藤 琳 宮崎 彩水 相模体操館
第3位 14.00 柴田 爽水 安住 ヴェロニカ 百音 INSPA
第4位 8.50 長崎 啓子 大林 千恵理 ACRON
第5位 8.40 高原 日菜 高原 柚奈 ホープ泉佐野体操クラブ
第6位 7.00 長山 瑞生 御手洗 紅李 ACRON

ジュニアの部: 男子ペア

順位 得点 氏名 所属
優勝 7.00 倉田 あずさ 長山 明暉 ACRON

ジュニアの部: ミックスペア

順位 得点 氏名 所属
優勝 9.50 川本 愛子 大谷 新吉 ホープ泉佐野体操クラブ
第2位 7.90 安住 ヴィンセント 秀悟 佐々木 はな INSPA

ジュニアの部: 女子グループ

順位 得点 氏名 所属
優勝 12.40 杉本 亜弥 柳川 那月 上垣 心結 相模体操館
第2位 8.00 梅津 美空 杉本 亜花 三藤 碧季 相模体操館

大会役員

大会会長 三畑 武一
競技委員長 磯前 方章
審判長 佐藤 幸恵
審判員 佐藤 幸恵、河野 詩子、小山 直紀
タイム 小泉 智裕
記録/表彰 岡 全巨
運営 佐藤 敬
進行 岡 啓太
音響 大島 毅
デザイン うし

第24回 全日本スポーツアクロ体操選手権大会 要項

全日本スポーツアクロ体操選手権大会 チラシ

主催

日本スポーツアクロ体操協会

期日

平成25年 8月25日(日) 開場 9:00/開始 11:30(予定)

会場

国士舘大学 永山校舎 体育館(多目的フロア)
東京都多摩市永山7-3-1
TEL. 042-339-7211

出場資格

» 選手登録について

競技方法・表彰

  1. 幼児アクロの部(幼児が対象)
    1. リズム体操 + 軽いマット運動 + 組体操
      お遊戯などで使われるリズムダンスやリズム体操の中に軽いマット運動(前回り・後ろ回り)などを行い、組体操を一つ以上構成した演技(順序構成は自由)
    2. 音楽(曲)
      演技に合った好きな曲を選択し2分〜3分間で編集する事
    3. 演技時間
      2分〜3分以内で構成
    4. 評価・表彰
      金賞・銀賞・銅賞(審査員:日本スポーツアクロ体操協会競技委員)
  2. ジュニアアクロ体操の部(小・中・高の学生が対象)
    1. ジュニア規定(一般規定同様)
      ・動き、捌き、共に一般規定演技同様で行い、技は(タンブリング指定)基礎的な組体操であれば自由とする。
    2. 音楽(曲)
      指定無し(歌が入っていないもの)2分30秒以内で編集する事
    3. 演技時間
      2分30秒以内で構成
    4. 評価・演技採点法
      • Dスコア:
        申告用紙にて難度点+参加点(D審判員が認めた得点)
        (要求を満たしていない場合は、規定違反とみなされる場合もある)
      • Eスコア:
        9.60からの減点方式(Eスコア追加点を含み10.00とする)
        Eスコアでは、減点法であり、内容だけを評価するものである。
      • DスコアとEスコアの合計点で評価する。
    5. 表彰
      1位 賞状 金メダル
      2位 賞状 銀メダル
      3位 賞状 銅メダル

    ※大会申し込みと併せ、技の申告用紙を事務局までご郵送ください。
    申告用紙提出期間は、7月20日までとします。
    それ以降の変更受付はできませんので予めご了承ください。

    ※難度表に掲載されている技を行なえる場合は申告用紙に記入し、審判に提出の後、審判が技として認めた場合、全て0.5点の加点となります。(難度表に無い技に関しては加点はありません)

  3. 全日本スポーツアクロ体操選手権大会
    1. 規定演技(14歳からから成人までが対象)
      2008年度 規定演技と同様
    2. 音楽(曲)
      指定無し(歌が入っていないもの)2分30秒以内で編集する事
    3. 演技時間
      2分30秒以内で構成
    4. 評価・演技採点法
      10.00満点からの 減点方式
    5. 表彰
      1位 賞状 金メダル
      2位 賞状 銀メダル
      3位 賞状 銅メダル

    ※大会申し込みと併せ、技の申告用紙を事務局までご郵送ください。
    申告用紙提出期間は、7月20日までとします。
    それ以降の変更受付はできませんので予めご了承ください。
    (申告期限遅れ、演技中など急な変更であっても失敗とみなし減点の対象となります)

競技種目(幼児は対象外)

女子ペア、男子ペア、ミックスペア、女子グループ、男子グループ

参加費

女子・男子・ミックスペア: 10,000円(1名 5,000円)
女子グループ: 15,000円(1名 5,000円)
男子グループ: 20,000円(1名 5,000円)
幼児: 3,000円(1名)

申し込み

参加申込書【(様式1)・(様式2)は所属団体が記入し、(様式3)は参加選手もしくは保護者が記入】に必要事項をご記入の上、高校生以下は承諾書を添えて、下記宛に7月20日(土)必着で郵送をお願いいたします。

〒230-0001
神奈川県横浜市鶴見区矢向1-6-29
日本スポーツアクロ体操協会 事務局 宛

参加費は7月20日(土)付けで、下記へお振込みをお願いいたします。

横浜銀行 座間支店
普通 6022540
日本スポーツアクロ体操協会

申請書類

申請書類はこちらからダウンロードできます。

» 選手登録について

その他

  1. 参加者は所属団体の団体章をレオタードもしくはユニフォームに付けて競技を行うこと。
  2. 競技場内や観覧席等での写真・ビデオ等の写真に関しましては規制いたします。
    撮影の許可に関しましては、参加クラブと参加者の親族のみとし、事前申告制といたします。
    撮影希望の方は、同封の「一般の撮影規制について」をよくお読みいただき、撮影申込書にご記入の上、参加申込書と同封してください。
    規制の詳細に関しましては、大会前に事前に各団体にご確認ください。
    許可証は大会当日に会場受付にてお渡しいたします。(当日の撮影申し込みはお受けいたしませんので、お気を付けください。)
  3. 大会開催中に発生した傷害については、その責任をスポーツ傷害保険の範囲内とする。

Page Top